Loading...
Menu

会社概要

「絹の可能性」と「豊かさの創造」を求めて


≫ 会社名株式会社 松井機業
≫ 代表取締役松井 文一
≫ 創業明治10年(1877年)
≫ 資本金32,000阡円
≫ 所在地〒939-1815 富山県南砺市城端町3393  地図はこちら
≫ TEL0763-62-1230
≫ FAX0763-62-1231
≫ 事業内容明治10年創業以来一貫して絹織物業を行っております。 しけ絹を利用したインテリア商品や斜子・紋紗などの表具地、和装用夏用襦袢として使われる駒絽などの 小幅織物を製造しております。



松井機業の歴史


城端絹の起源は、今から約430年前、戦国時代末期の天正時代に畑氏によってここ城端で絹織物が始められたと伝聞されています。

江戸時代には、城端と小松で織られた絹織物が「加賀絹」として加賀藩によって庇護され、城端の絹織物業も隆盛となりました。

元禄時代、絹織物の消費が盛んになり、京都・大阪市場から大消費地である江戸市場へも城端絹の販売を行うようになりました。 元禄六年(1693)の記録によると、問屋制家内工業の段階であったので、城端の戸数689軒中375軒が絹織物に関与していたと言われています。

明治39年、当時26歳の若さで城端町会議員となり、後に織物組合理事長となった岡部長左衛門の働きにより城端でも羽二重と絽の製織を行うようになりました。それまでは五箇山(岐阜県との県境)の生糸をタテ糸に、福光町(現:南砺市福光)の玉糸をヨコ糸に使用した「しけ絹」が主な生産品目でした。現在富山県で「しけ絹」を製織しているのは弊社のみとなっております。

松井機業場では初代・文次郎の創業以来、しけ絹に、和紙を裏打ちした「しけ絹紙」とういうかたちで襖紙として販売しております。

2代・文次郎
品質をより良くすると共に、「しけ絹紙」の生産効率をあげました。

3代・文吉
「しけ絹紙」を壁紙として欧米各国へ輸出をしました。

4代・鴻造
裏打作業に使われる糊を改造。また、乾燥方法を改良することで、絹紙の製造効率向上を行った。

5代・文一
シルク入浴剤、しけ絹シェードなど時代に合った商品を開発。

6代・紀子
しけ絹の新たな楽しみ方を提案するブランド「JOHANAS」を立ち上げる。




About Our Company

Seeking the possibility of silk and bountiful creation


History


It has been said that the beginning of Johana silk textiles was the Tensho Era (1573-1592) at the end of the Warring States Period. During the Edo Period, silk products sold in Johana and Komatsu were protected by the Kaga Clan as “Kaga Silk..” The silk textiles industry prospered at the time. During the Genroku Era (1688-1704), silk textile sales flourished, and the products were sold from Kyoto and Osaka to the large consumption area of Edo.

In Meiji Era 39 (1908), at the youthful age of 22, Chouzaemon Okabe became a Johana town council member, and later the first chairman of the board of directors of the silk textile production organization. With his work, Johana became a production area for habutae and gauze. Up until that point, the main product was shike silk, using vertical threading of raw silk from Gokayama (on the border of Shiga Prefecture), and horizontal threading of raw silk from present day Fukumitsu, Nanto City. Currently, our company is the only producer of “shike silk” in Toyama Prefecture.

Since Bunjiro’s establishment of the company, we have been selling sliding paper doors backed with “shike silk paper”—shike silk backed washi, Japanese paper.




2nd Generation Bunjiro
The efficiency of shike silk production increased along with the quality of the product.

3rd Generation Bunkichi
Silk exported to various countries in U.S. and Europe as wallpaper.

4th Generation Kozo
Glue used in backing processes remodeled. By improving the drying method, shike silk paper production became even more efficient.

5th Generation Fumikazu
Products following the times developed, such as silk bathing powder and shike silk shades. We are still currently undertaking new product development.

Description of Company Endeavors
We have been conducting integrated production of silk since the founding of the company in Meiji 10 (1877). Our silk production includes interior products made with shike silk, such as mounting areas for basket weaves and brocade gauze, as well as traditional Japanese under kimonos and koma gauze.


所在地
〒939-1815 富山県南砺市城端3393
電話
0763-62-1230 (平日9:00~5:00)
Social


Copyright (c) Matsui silk weaving co.,ltd. All Rights Reserved